道徳教育に関する用語・キーワード

icon ここでは、道徳教育関連用語を「学習指導要領解説 道徳編」をもとに解説しています。 
  知りたい用語をクリックしてみましょう。  

 ◆道徳性 ◆道徳的実践 ◆道徳的実践力 ◆道徳的価値
 ◆道徳的心情 ◆道徳的判断力 ◆道徳的実践意欲と態度
 ◆道徳的習慣 ◆道徳教育 ◆道徳の時間   

用語解説

 icon 道徳性
 →道徳性とは、人間としての本来的な在り方やよりよい生き方を目指してなされる道徳的行為を可能にする人格的特性。
→人格の基盤をなすもの。
→人間らしいよさ
→道徳的価値が一人一人の内面において統合されたもの
→道徳性を構成する諸様相として、「道徳的心情」「道徳的判断力」「道徳的実践意欲と態度」などがある。
▲このページのトップに戻る
icon 道徳的実践 
→内面的な道徳的実践力が基盤となって行われる行動のこと。道徳的行為とほぼ同義
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳的実践力
→人間としてよりよく生きていく力。
→道徳的実践を可能とするような内面的資質。
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳的価値 
→道徳的価値とは、人間らしいよさ、よりよい生き方を事柄としてまとめたもの。道徳教育における指導内容項目であるといってよい。学習指導要領では、道徳的価値を以下の4つの視点から分類整理している。
 1)主として自分自身に関すること
 2)主として他の人とのかかわりに関すること
 3)主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること
 4)主として集団や社会とのかかわりに関すること 
▲このページのトップに戻る
icon 道徳的心情
→ 道徳的価値の大切さを感じ取り、善を行うことを喜び、悪を憎む感情のこと。
  人間としてよりよい生き方や善を志向する感情である。
  道徳的行為への動機として強く作用する。
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳的判断力
→それぞれの場面において善悪を判断する能力のこと。
  人間として生きるために道徳的価値が大切なことを理解し、様々な状況下において人間としてどのように対処することが望まれるかを判断する力のこと。
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳的実践意欲と態度
→道徳的心情や道徳的判断力によって価値があるとされた行為をとろうとする傾向性を意味する。
→道徳的実践意欲は、道徳的心情や道徳的判断力を基盤とし道徳的価値を実現しようとする意志の働き。
→道徳的態度は、それらに裏付けられた具体的な道徳的行為への身構え。 
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳的習慣
→長い間繰り返して行われているうちに習慣として身に付けられた望ましい日常行動の在り方。
 そのもっとも基本となるものが基本的な生活習慣と呼ばれているもの。→第二の天性
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳教育
→教育基本法及び学校教育法に定められている教育の根本精神に基づく。
→学校における道徳教育は、学校教育全体を通じて行うことを基本とする。
→道徳教育は、かかわりを深めることを通して、国民として望ましい道徳性を育成してくこと。
→学校における道徳教育は、豊かな心をはぐくみ、人間としての生き方の自覚を促し、道徳性を育成することをねらいとする教育活動のこと 
▲このページのトップに戻る 
icon 道徳の時間 
→道徳の時間は、道徳教育の目標に基づき、各教科、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動における道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的・発展的な指導によってこれを補充、進化、統合し、道徳的価値の自覚及び自己の生き方についての考えを深め、道徳的実践力を育成するこのとする。
→週一時間、特別に設置された時間であり、道徳教育の「要」として位置づけられている。。 
▲このページのトップに戻る